花嫁と花婿

利便性のよい結婚式場を選ぶコツ|人気の場所で最高の式を挙げよう

知っておきたい内祝い

プレゼント

一般的なマナー

結婚式に出席してくれた人の場合はご祝儀をもって結婚祝いとし、引き出物をもってお返しとします。式に出席していない人から結婚祝いを頂いたら、そのお返しは「結婚内祝い」とします(実際に引き出物も内祝いの一種です)。さて引き出物は結婚式の時に贈りますが、内祝いの場合にはいつまでに、いくらくらいの品を贈れば良いでしょうか。一般的には挙式後1か月以内、金額は結婚祝いとして頂いた金額の3分の1〜半額くらいが目安とされています。ちなみに引き出物の金額の目安は、ゲストの飲食代の3分の1くらいです。もらった方の人気ナンバーワンの品はカタログギフトで「相手が選んだものより自分が好きなものが欲しい」という気持ちの表れと言えるでしょう。

NGギフトは何か

結婚祝いのお返しとして人気ナンバーワンなのはカタログギフトという事は先述しました。他にはお菓子や石鹸、消耗品などのいくらあっても困らない物が人気で、自分ではなかなか買わないような高級なものを贈ると喜ばれます。一方で贈ってはいけないと言われる物もあります。まず刃物は切れる=縁が切れるという連想から。食器やグラスは割れる=仲が割れる、という連想から。重箱は昔から再婚や離婚を連想させるからとNGギフトに挙げられます。しかし最近ではこう言った連想は気にしない人も増えています。そのためお返しをされる方が欲しいと言えば贈っても問題ありません。とはいえ年配の世代の人はまだまだ気にする人も少なくないので、贈る際には注意が必要です。